トップ / 日本語学校を選ぶときには

日本語学校を選ぶときには

日本語学校の選び方

日本語学校を選ぶポイント

日本語学校は外国人に日本語を教える学校で、法務省の告示を受けています。個人レッスンなどで日本語を習得するものは入りません。私立大学や私立短期大学、専門学校などがあり、入学すると留学ビザの取得が出来るので、留学を考えている外国人に人気です。日本語学校はたくさんあり選ぶのが難しいですが、自分が進学を希望している大学などの進学実績や、受験に必要な他の基礎教科の授業の有無、受け入れ国はどこが多いのかなど確認する事が大切です。また、寮に入れるか、家賃の相場などの生活していく上での条件も考慮したい項目です。

学校,子供

日本語学校で働く魅力について

日本語学校で働けば、外国人の人と交流できるというメリットがあります。国語として日本語を教える訳ではないので、日本人の生徒はいません。海外や国際交流に興味があるなら最高の環境です。また、日本語についてよく知る機会にもなります。何気なく使っている表現だって、よく考えてみると不思議で面白いものだったりします。日本語学校では、授業を任せてもらえる場合が多くなっています。責任もありますが、やりがいがあり、楽しく働ける場合が多くなっています。

↑PAGE TOP