トップ

最近の学校給食に関して

学校給食の意義とは

学校給食で健康体やマナーを意識

学校給食と言うのは、毎日決められた献立が出されて、その中には好きな物もあれば嫌いな物もあるものです。しかし、子供の頃に色々な物を食べられるようになれば、栄養が偏りがちになるようなことがなく、健康的な体を作ることに役立ちます。また、大勢の中で食べると言うことは、食事中のマナーが身に付くといった要素もあります。子どもの心でどこまでそういった意識を持てるかわかりませんが、単に食欲を満たすというだけではなく、大切なことを学べるというのも学校給食のメリットと言え、考え方によってはこれも一つの授業と捉えることもできるでしょう。

学校,子供

子どものためにある給食

昔からある学校給食ですが、最近では以前に比べ種類も増えいろいろな給食を楽しめます。今では、他の国の料理の日があったり、自分の地域でとれた新鮮な野菜をつかった郷土料理、また、自分で2種類あるおかずを選べるセレクションなんていう日もあります。牛乳にも工夫があり、ミルメイクなどをいれ味をつけたりその地域や学校で色々な工夫がされてあります。また食器自体にも工夫をしているとこもあります。以前は残す事を許されない時代もありましたが、今では、食べれないものは無理して食べなくて良い風潮もあり、食事のあり方自体も変わっているのかもしれません。

↑PAGE TOP